【マキシマムザホルモン】日本にデスボイスを広めたのはホルモンじゃないの?って話

f:id:punklife:20170619121241j:plain

どーものっちです。気づけばデスボイスを楽曲に取り入れるバンドも増えてSIMやONEOKROCKが大人気になってる今、当たり前のようにデスボイスが受け入れられるようになってきました。

でもこれっていつからなの?

少なくとも僕が音楽を聴き始めた頃はデスボイスを取り入れてるバンドなんて色物で嘲笑の対象でしたしデスボイス=デスメタルって感じで一部のコアなファンにしか受け入れられて無かったように感じます。

それが今や↓の様なデスボイスを取り入れたアイドルなんかもいたりして時代は変わったなと感じます。


椎名ぴかりん / バババーババウムクーヘン★・下僕 GEBO GEBO !! (5/3発売 Full Ver. )


PassCode - MISS UNLIMITED (Full Size)

 

そもそも僕が初めてデスメタルのバンドを聴いた感想は(たしかスリップノットを友達に聴かされたのが最初)「なんなんこの音楽うるさいだけやんけ」でした笑(今は普通に聴いてますが笑)デスボイスってメロディーが無いので初心者は受け入れづらい音楽ですよね、、、

でもそれが今やロック界一のアイドル的人気を誇るONEOKROCKが取り入れてるなんて、、それを普通に若い子達は聴いてますもんねもうどこでその抗体身につけたのって感じです。日本はデスボイスの予防接種をはじめたんでしょうか?

マキシマムザホルモンとデスボイス

自分の音楽史を振り返ればデスボイスの抗体をつけたのは(つけられたのは)間違いなくマキシマムザホルモンだと思います。

今や日本を代表するロックバンドでありながら、シーンに出てきた当時はその音楽性からかなり色物扱いされていましたからね。(今でもある意味かなりの色物ですが笑)

まずマキシマムザホルモンというバンドはデスボイスありきで成り立っているバンドですだってボーカルのダイスケはんはデスボイス担当ですからね。(公式ではギャーギャーうるさい方担当)

マキシマムザホルモンは当時のハイスタ直系の英詞メロディックハードコア主体のパンクシーンの中で一際異彩を放つバンドでした。

やっぱりその中でも1番異彩を放っていたのは何を言ってるのか分からないデスボイス笑

まあデスボイスと言うのはそういう物なんですが、歌詞は日本語なんですが日本人離れした独特の重いリフとラップとも歌とも言いづらいデスボイスで独自の音楽性を確立していったのも確かです。

当時友達達とカラオケに行くと誰かがダイスケはんのパートを喉を潰しながら歌っていました。素人が歌うとただただギャーギャーうるさい。

でもカラオケでデスボイスを歌う文化やホルモンのコピーバンドも多くいた事からたくさんのデスボーカリストをダイスケはんの真似から生まれさせた事は確かでその真似をしていた世代が今デスボイスを取り入れたバンドをやっている事も事実です。

www.youtube.com

www.youtube.com

ロッキンポ殺し

ロッキンポ殺し

 
糞盤

糞盤

 

 

②多彩なジャンルを取り入れた独自の音楽性

そんな当時受け入れられてたとは言いづらいデスボイスを取り入れながらマキシマムザホルモンが人気になれた要因はロック、パンク、メタルからヒップホップ、スカ、歌謡曲まで取り込んだ音楽性にあると思います。

それもただエッセンスだけ入れてみましたみたいなよくあるJ-POPみたいな感じでは無くて作曲をしているギターのマキシマムザ亮君なりの各ジャンルへのリスペクトが凄く感じられるんですよね。

もの凄くヘビーリフでヘビーなデスボイスからはじまる楽曲なのにサビは凄くキャッチーみたいな曲もたくさんあります。

正直めちゃくちゃズルくないですか?めっちゃイカつい先輩が実は優しいみたいな。近寄りがたいなと思ってたのに喋ってみると凄くいい人やんってなる感じですね。そら人気出るわ。パンクキッズの心鷲掴みです。

そもそもメンバーはパンテラ等のハードコアバンドのファンで公式ホームページのメンバー紹介では各メンバーの好きなバンドが書かれているのでハードコア好きや腹ペコキッズはチェックしてみて下さい。

多彩なジャンルを取り入れているホルモンですがベースの上ちゃんはレッドホットチリペッパーズのフリーを敬愛しておりベーススタイルもチョッパー奏法を多様したフリーに近いものとなっています。(タトゥーもレッドホットチリペッパーズ関連のものがびっしり入っています笑)

f:id:punklife:20170621165620j:plain

近いと言ってもただモノマネしているのでは無く上ちゃんのベースの演奏力自体とても高く自分の周りのベーシストでも上ちゃんが好きなベーシストはたくさんいます。

この音楽性は当時は凄く衝撃的でたくさんのホルモンフォロワーを産み出しました。(今でも産み出してます)

 www.youtube.com

予襲復讐

予襲復讐

 
ぶっ生き返す

ぶっ生き返す

 

 

③シンプルでも人を惹きつける言葉選びと確立する世界観

ここまで書くと「ただ色んな音楽を聴いている音楽オタクならホルモンみたいなバンド作れるんじゃないの?もっと演奏の上手いバンドが出て来たらホルモン人気なくなるやん、、」と思われるかも知れませんがホルモンの魅力はそれだけではなくてその歌詞の世界観にもあるのです。

先ほどデスボイスの部分は何を言ってるのか分からないと言いましたがサビはめちゃくちゃキャッチーで分かりやすい歌詞を繰り返すという曲がたくさんありますし、サビ以外でもすごく考えられてて歌詞カードを見るとニヤッとしてしまう様な歌詞の曲がたくさんあります。(だからホルモンの楽曲はCDを買って歌詞カードを読むのがおすすめ!亮君の曲解説もついてます笑)

その楽曲にいい意味でミスマッチなワードセンスがホルモンの独自の世界観を作り上げてファンの心をとらえて離さないのです。

↓下の曲なんてこの曲を聴いた鳥山明先生が復活の「F」の構想思いついたらしいですよ!!ありがとうホルモン!!ありがとう鳥山明先生!!

www.youtube.com

ホルモンはライブも最高です!ライブバンドはライブに行かないと本当の魅力が分からないですよ!ホルモンはただいま活動休止期間から復活して絶賛ツアー中!!!夏には全国の夏フェスに出演します!!!

結局言いたいことは

お前らホルモンのCD買ってライブいけ!!!!

 って事です。デスボイスの話どっかいったな笑

 

↓最近でたライブDVDですけどDVDの内容以前にシステムが最高笑

「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」(DVD3枚+BD+CD)

「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」(DVD3枚+BD+CD)